2013年07月17日

間接部門の仕事

ひらめき医療機器メーカーの求人にも、他のメーカーの企業と同じように、物流・購買、総務・人事・経理などの、直接製品の製造には関わらない、いわゆる間接的な職種が存在します。

ただし医療機器メーカーならではの特徴も少なからず存在します。

医療機器メーカーに大企業は少なく、数十名から百名規模の中小企業が多い傾向があります。

結果的に間接部門の人員を縮小せざるを得なくなり、ひとりが受け持つ業務範囲が広くなります。

特に総務や経理部門にその傾向が強く、たとえば企業によっては総務が人事の採用、勤怠管理、給与計算、庶務業務までを兼任する例もあります。

そうしたことから即戦力が求められ、応募資格を「人事・総務全般に関する経験者」に限定している求人が多いです。

また人員が少ないということは、それだけ求人も少なく、退職補充の求人を待つような状況です。

総務や経理を希望するのであれば、医療機器メーカー以外の業界にも的を広げた方が賢明です。

逆に言えばこれらの職種は業界経験の有無は問わないため、未経験であっても医療機器メーカーへ転職するチャンスともいえます。

間接部門で求人が多いのが、物流・購買部門です。

医療機器メーカーは企業の買収や組織の再編が激しく、体勢変更による購買や物流体勢の建て直しが必要となるケース多いのが原因です。

こちらの求人も業界経験有無に関わらず、購買の実務経験者を求めています。

exclamation医療機器メーカーの求人ではどの職種でも英語力は武器になり、上記の間接部門の採用においても英語力のある人材を求める傾向にあるようです。
posted by 凛 at 10:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: