2013年07月18日

マーケティング

一般的にマーケティングとは、顧客のニーズをリサーチしてそのニーズにあった商品やサービスを作り、顧客がより満足を得られるようにし、売り上げを伸ばしていく業務を指します。

医療機器メーカー求人ではマーケティング部門の募集を、プロダクトマネージャーやマーケティングコミュニケーションという名称で募集しているケースを見かけます。

次項有プロダクトマネージャーの仕事内容を見ていきましょう。

まず、顧客となる医療従事者たちのニーズや競合他社の製品を分析して市場調査を行い、どのような製品が必要とされているか製品の企画の戦略プランを組み立てます。

次に開発部門と協力し、先に企画した製品の開発を進めます。

この段階で開発中の製品を医師や研究機関などに紹介します。

製品が完成したら、営業部門への解説や情報の提供を行うとともに、学会での講演、セミナーの企画運営、販売促進物の作成等を通じてプロモーション活動を行ないます。

製品が市場に出回ったら、売り上げや販売実績などのデータをもとに資料にまとめます。

医療機器メーカーマーケティングの求人では英語力が重視され、業界経験の有無を問わず英語力のある人を中心に採用を行なっているようです。

目安としてはTOEIC700以上が一般的です。

基本的にマーケティングの仕事に英語は必須ですが、医療機器メーカーの場合は特に外資系企業が多いという特徴から、マーケティング以外の求人であっても英語力は強い武器になります。

また、転職者であれば経験者中心の採用となりますが、若手であれば他業界からの転職も可能です。
posted by 凛 at 10:55| Comment(0) | 日記

2013年07月17日

間接部門の仕事

ひらめき医療機器メーカーの求人にも、他のメーカーの企業と同じように、物流・購買、総務・人事・経理などの、直接製品の製造には関わらない、いわゆる間接的な職種が存在します。

ただし医療機器メーカーならではの特徴も少なからず存在します。

医療機器メーカーに大企業は少なく、数十名から百名規模の中小企業が多い傾向があります。

結果的に間接部門の人員を縮小せざるを得なくなり、ひとりが受け持つ業務範囲が広くなります。

特に総務や経理部門にその傾向が強く、たとえば企業によっては総務が人事の採用、勤怠管理、給与計算、庶務業務までを兼任する例もあります。

そうしたことから即戦力が求められ、応募資格を「人事・総務全般に関する経験者」に限定している求人が多いです。

また人員が少ないということは、それだけ求人も少なく、退職補充の求人を待つような状況です。

総務や経理を希望するのであれば、医療機器メーカー以外の業界にも的を広げた方が賢明です。

逆に言えばこれらの職種は業界経験の有無は問わないため、未経験であっても医療機器メーカーへ転職するチャンスともいえます。

間接部門で求人が多いのが、物流・購買部門です。

医療機器メーカーは企業の買収や組織の再編が激しく、体勢変更による購買や物流体勢の建て直しが必要となるケース多いのが原因です。

こちらの求人も業界経験有無に関わらず、購買の実務経験者を求めています。

exclamation医療機器メーカーの求人ではどの職種でも英語力は武器になり、上記の間接部門の採用においても英語力のある人材を求める傾向にあるようです。
posted by 凛 at 10:32| Comment(0) | 日記

2013年07月16日

医療機器メーカーへの転職は、専門の求人サイトを利用しよう

医療機器メーカーへの転職を決める理由は、人によって様々でしょう。

ただし、現状への不満のみを理由に転職を考えているのなら、少し立ち止まって考え直してみることが必要です。転職先を決めることは、自分の生き方を決めるのと同じこと。

給料や仕事のイメージを必要以上に美化していないか?あるいは現在の仕事の不満を、すべて会社や周囲の人間関係のせいにしていないか?

医療機器メーカーの仕事は医療に貢献ができ、将来的にも活躍が期待される、たいへんやりがいの仕事ではありますが、動機が前向きであってこそ、医療機器メーカーへの転職が成功する確率がUPするのです。

熟考のうえ、医療機器メーカーへの転職への決意が揺るぎないものであれば、早期就職に向け活動を開始しましょう。

医療機器メーカーの求人情報の入手手段には、様々な方法があり、新聞広告、求人情報誌、折込の求人広告、ハローワーク、インターネットが一般的です。

ただし多あらゆる業界の多数の求人の中から、医療機器メーカーの求人を探し出すのはたいへんな作業です。

そこでお勧めなのが、医療機器業界の転職、求人を専門に扱っているサイト

医療機器分野に特化した求人を提供しており、業界経験豊富なコンサルタントによるサポートが受けられるのが特長です。

こうしたサイトでは医療機器分野の求人を幅広くカバーしているため、他では見られない独自の求人情報もタイムリーに入手でき、応募書類の書き方や面接対策のレクチャーを受けることも可能です。

これらのサービスを大いに活用し、医療機器メーカーへの転職を成功させましょう。

参考:転職サイトで医療機器営業への転職に成功した実例
posted by 凛 at 10:25| Comment(0) | 日記